読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

グローバル引きこもりの暇つぶし

大志を抱いてセブ島に来たが時間があるので、日々を考察する

20代で給料を上げるには、転職時に業種と業界を変えることを考えた方がいい

同じ雇われサラリーマンなのに業界や職種によってお給料が全く違い、不思議に思ったことはありませんか?いわゆる大手企業の社員は、勤務している時間が中小企業の社員よりも圧倒的に少なくても、給料が高いことなんて良くあることです。属している企業だけではありませんよね。どうして、重労働で大変な介護士がスーツを来て涼しいクーラーのかかった会社でパソコンをいじっているだけのサラリーマンエンジニアよりも給料が低くなるのか気になりませんか?自分なりにこの一見不合理に見えることをいろいろ考察してみました。まず自分がもらっているお給料がなぜ今の額なのかを考えるには、業界×業種という2軸に分けて、個人個人が儲けている額を考えるとしっくりくるかと思います。
 
 
1.(業種)ソフトウェアエンジニアと介護士の市場価値を比較してみた
どこの層のエンジニアかにもよりますが、下記日経BP社の調査によるとエンジニアはだいたい平均年収500万円位だそうです。それに対して重労働の大手介護系企業に勤める介護士で年収が300万円程度です。実際にはもっと大きな差があるとは思いますが、この違いはどうして生まれてくるのでしょうか?
一言で言うと、職種における限界利益率によってもらえる給料が圧倒的に違ってきます。
 
 
例えばですが、何か新しいプロダクト(製品)開発を1人のエンジニアだけで行ったとします。プロダクト開発にかかる固定費はエンジニアリング、経営管理、家賃etcになります。仮に一人でつくったこのプロダクトが当たって規模を拡大していくことになりました。この場合、販売量の拡大にともなって固定費は分散されます。販売量が増えたとしても今まで通り一人で運用出来るため、規模拡大に伴ってコストはほとんど増えません。ビジネスを始めるのにも小コスト、拡大しても小コストでいけるエンジニアのお仕事に人気が集中するのは当たり前ですね。
 
 
その一方で介護士さんなどに代表されるサービス業は一人当たりが対応できる顧客の数は限定されます。雇う側の会社目線で見ると、規模を拡大することになった場合、介護士を多く雇って介護施設を増やす必要がありどうしても会社の利益率は低くなってしまうことになります。いくら顧客対応が上手い介護士さんを多く集めることが出来たとしても、100万人の顧客に価値を提供することは不可能だと思います。
 
 
エンジニアと介護士を比べると一人当たりが生み出す経済価値が全く違ってくると思います。これが実際に給料に反映されてきます。
※介護士さんを否定しているわけではないです。あくまで例です。
 
 
 
 
2.(業界)1人あたりの営業利益トップ500社を分析する
最近東洋経済が一人当たりの営業利益ランキングを発表したんですがここで上位ランクされている業界は金融、IT、通信、コンサルなどのいわゆる必要コストに対して利回りが良い業界が独占しています。えてして一人当たり社員が生み出す利益が大きい会社の年収は日本の平均年収である400万円を大きく引き離していますね。一人当たりの利益が大きい企業のお給料は高くなることになります。

f:id:kentamorii1025:20170324184125p:plain

「1人当たり営業利益」トップ500社ランキング http://toyokeizai.net/articles/-/64182?page=2
 
 
3.まとめ
 
今まで話をまとめると。。

f:id:kentamorii1025:20170324184156p:plain

 
業界と業種にわけて考え、儲けている業界の儲けられる職種に自分を置いてしまえばお給料は高くなります。当たり前ですが、能力に左右されず身を置きさえすればお給料は高いまま。そして、そういうポジションこそ人、物、金、情報などの良質な資源が集中する傾向があります。どこに自分をプロットするかの参考にして頂ければなによりです
 
 
(参考記事)
[ITエンジニア7000人調査1]平均年収は468万円、管理層の年収減が顕著
 
◆キャリアガーデン
介護福祉士の給料・年収